人気のオーガニックシャンプーを実際に使ってみました 全15ブランド・本音で選んだランキング発表!
    ~ 使い心地・仕上がりで選びたいあなたに ~ 体験レポートを元に選んだ・部門別Best3 オーガニックシャンプー 香り部門 オーガニックシャンプー 泡立ち部門< オーガニックシャンプー しっとり部門 オーガニックシャンプー サラサラ部門 オーガニックシャンプー ボリュームアップ部門 オーガニックシャンプー 毛穴・汚れスッキリ部門 オーガニックシャンプー 無添加部門 オーガニックシャンプー コスパ部門
    人気の15ブランド、すべて使った女髪が選ぶ 私のNo.1オーガニックシャンプーはこれ! 量が多くて直毛・カラーリング歴が長い 夏希さん 20代 髪のダメージ・痛みに悩む 彩さん 30代 広がりやすい髪質・パーマヘアの 可奈さん 40代 とにかくボリュームがほしい 小百合さん 50代 太くて硬い髪質・クセが強い 実花さん 50代 男性編も あります! 他の女髪たちのレポートを見る
    いま、美髪女子に大人気のオーガニックシャンプーリスト  詳しい情報を知りたい方はシャンプーをクリックしてください。 ブーケスト ラ・カスタ 凛恋 rinRen ロゴナ ビオリスタオーガニクス ジョンマスターオーガニック モーガンズ ヴェレダ ハーブガーデン ダヴィネス エスコス オレンジシャンプー ローズドマラケシュ HARICOC(ハリコシ) テラクオーレ アヴェダ
総合ランキング BEST5 no1ハーブガーデン no2ビオリスタ オーガニクス no3アヴェダ no4テラクオーレ no5モーガンズ
オーガニックシャンプーの髪様 HOME » 肌と頭皮のお悩みSOS » デリケートな頭皮は正しく付き合うことがケアのポイント

デリケートな頭皮は正しく付き合うことがケアのポイント

頭皮トラブルで悲しい思いをした女子の体験談

人の目につきやすい頭は、清潔なままで保っていたいものです。しかし、ふとした瞬間にフケなどのトラブルに見舞われ、悲しい思いをした女子は少なくありません。実際にあった悲しい体験談を見てみましょう。

忘れたくても忘れられない悲しい思い出

デートの苦い思い出です【20代/OL】

秋から冬にさしかかるころ、カレとオシャレデートに出かけることになりました。奮発してコートを新調したのは良かったのですが、黒い生地だったため肩に落ちたフケが模様のように目立っていたんです…

あの時にドン引きしていたカレの顔。今でもたまに夢に出ます。

同窓会でショックを受けました【40代/主婦】

同窓会で高校の友達と20年ぶりに再会しました。私は一目見ただけで皆の名前が出てきたのに対し、周囲は私を誰だかわかっていない様子…

特に仲が良かったクラスメイトに関しては「髪のボリュームが少なくなっていて、別人だと思っていた」とまで言われる始末。

近頃、抜け毛が気になっていたこともあり、ショックも大きかったです。

その頭皮トラブル乾燥が原因では?

頭皮は乾燥してしまうと、【フケ】【かゆみ】【抜け毛】といった症状が起きてしまいます。

原因と対策を理解した上で適切にケアを行なえば、頭皮トラブルも改善できます!

乾燥が頭皮に及ぼす影響とは

スキンケアで乾燥対策をやっている人は多いでしょう。しかし、頭皮まではなかなか意識が向かないものです。しかし頭皮も顔と同じ皮膚です。乾燥を放置すると頭皮のバリア機能が低下してしまいます。

頭皮のバリア機能とは

スキンケアで頻繁に耳にする肌バリア。これは頭皮にも同じ機能が備わっています。

皮膚には角質細胞という細胞がたくさん積み重なり層状になっています。水分をたっぷり含んだ角質層こそが「バリア」の正体です。

バリア機能は保湿効果と、雑菌やウイルスの侵入を防ぐ役割を果たしています。乾燥によって頭皮の水分が蒸発しバリア機能が低下すると、角質層のバランスが崩れてしまいます。それによりバリア機能を失うことで、フケ・かゆみ・抜け毛といった、頭皮トラブルの原因となるのです。

どうして頭皮は乾燥するの?

頭皮のバリア機能を保つためにも、乾燥しやすくなる原因を理解しておくようにしましょう。

頭皮が乾燥してしまう原因と

①温度差

乾燥と聞くと冬をイメージしますが、温度差が原因となる乾燥は夏に起こりやすいケースとなります。

夏場は外を歩くと、頭皮にたくさんの汗をかいてしまいます。その状態で、冷房の効いた室内に入ると頭皮が冷やされ乾燥してしまうのです。

髪用のローションを使い、普段から頭皮の保湿を心がけるようにしておきましょう。

②誤ったシャンプー法

頭皮の乾燥で悩む人に最も多いのが、誤ったシャンプーの使い方をしているケースです。

頭皮の汚れはシャンプーの泡だけで落とすことが可能です。爪を立てたり、力を込めたりして洗うと、頭皮が傷ついてしまいます。頭皮も顔同様、やさしく洗うように心がけましょう。

③ドライヤーの風量調整

ドライヤーの風量を強めに設定していませんか? あまり強い風量でドライヤーを当て続けると、頭皮の水分が蒸発してしまいます。ドライヤーを使用する前に、しっかりとタオルドライするようにしましょう。髪がある程度乾いたらドライヤーを低温弱風に設定し、20cmほど離した距離から使用してください。

④外部環境

乾燥の大きな原因となるのが外部環境です。冬場の乾燥した空気や、夏場の紫外線などは頭皮にも大きな影響を及ぼします。

夏場は外出時に帽子を着用したり、毎日髪の分け目を変えたりしましょう。冬場は加湿器を使用して、肌の乾燥を防ぐようにしましょう。加湿器がない場合、室内に濡れタオルを干すだけでも湿度を保つことができます。

⑤栄養不足

頭皮の乾燥を防ぐためには、皮脂を適切に保つことが大切です。しかし、皮脂に必要な栄養素が不足してしまうと、頭皮は皮脂を作りだすことができなくなってしまいます。

皮脂を作りだすためには、ビタミン類の摂取が適切だとされています。偏りがちな食生活を送っている人は注意が必要です。

乾燥の原因はこんなに多い

説明した原因以外でも、体質などが原因で乾燥が現れやすくなります。

普段から乾燥を招く環境を作らないように、心がけることが大切です。

頭皮トラブル別対策法

頭皮の乾燥は原因から解決することも大切ですが、フケやかゆみなどのトラブルには順次対応することが求められます。ここでは日常生活を安心して送るための、頭皮トラブル別対処法を紹介します。

フケ対策に効果的【服の色と生地】

フケを目立たなくするためには、服装に気をつけましょう。白いフケに対して、ブラック系の服はフケが目立ってしまいます。また、肩に落ちたフケを手ではらいやすい生地を選ぶことも大切です。ウールニットなどの生地はフケが付きやすいので、極力避けた方がいいでしょう。

どうしてもかゆくなった時の対処法

我慢するのが難しい頭皮のかゆみは、皮膚を傷つけないように対処する必要があります。自宅で頭皮がかゆくなった際は、シャワーのみで洗い流すとかゆみが和らぐのでオススメです。外出時にかゆみを感じた際は、かきむしるのではなく指の腹で押してみましょう。頭皮に軽く刺激を与えることで、かゆみも少しは和らぎます。

抜け毛が気になる人の対処法

頭皮が健康な人でも1日に50本~100本程度の髪の毛が抜けると言われています。同じ本数でも髪の毛の長さで、抜けた髪のボリュームも大きく変わるものです。そのため、抜け毛を目立たなくさせるためにも、ヘアスタイルをショートヘアにしておくといいでしょう。

また、抜け毛を気にするがあまりに、頭皮を触り過ぎるのも良くありません。頭皮への負担を軽減させるのも、抜け毛対策の大切なポイントです。

シャンプーにもこだわろう

頭皮の乾燥の原因や対策法について紹介してきました。これらを理解して実践するだけでも乾燥は防げますが、より効果を高めるためにはシャンプーの選び方にもこだわりましょう。

市販されているシャンプーには「合成界面活性剤」という成分が含まれています。この成分は頭皮のたんぱく質を溶かしてしまうため、乾燥の原因になってしまうのです。そのため、どれだけケアを頑張ってもシャンプーのせいで、乾燥を招いてしまう恐れがあります。

近年では植物の天然成分で作られた、オーガニックシャンプーも登場しています。市販のシャンプーと違い化学成分がほとんど含まれていないため、頭皮に負担をかける心配もありません。

正しい頭皮ケアとオーガニックシャンプーの相乗効果で、健康な頭皮を保ちましょう。

Menu
Pagetop