人気のオーガニックシャンプーを実際に使ってみました 全15ブランド・本音で選んだランキング発表!
    ~ 使い心地・仕上がりで選びたいあなたに ~ 体験レポートを元に選んだ・部門別Best3 オーガニックシャンプー 香り部門 オーガニックシャンプー 泡立ち部門< オーガニックシャンプー しっとり部門 オーガニックシャンプー サラサラ部門 オーガニックシャンプー ボリュームアップ部門 オーガニックシャンプー 毛穴・汚れスッキリ部門 オーガニックシャンプー 無添加部門 オーガニックシャンプー コスパ部門
    人気の15ブランド、すべて使った女髪が選ぶ 私のNo.1オーガニックシャンプーはこれ! 量が多くて直毛・カラーリング歴が長い 夏希さん 20代 髪のダメージ・痛みに悩む 彩さん 30代 広がりやすい髪質・パーマヘアの 可奈さん 40代 とにかくボリュームがほしい 小百合さん 50代 太くて硬い髪質・クセが強い 実花さん 50代 男性編も あります! 他の女髪たちのレポートを見る
    いま、美髪女子に大人気のオーガニックシャンプーリスト  詳しい情報を知りたい方はシャンプーをクリックしてください。 ブーケスト ラ・カスタ 凛恋 rinRen ロゴナ ビオリスタオーガニクス ジョンマスターオーガニック モーガンズ ヴェレダ ハーブガーデン ダヴィネス エスコス オレンジシャンプー ローズドマラケシュ HARICOC(ハリコシ) テラクオーレ アヴェダ
総合ランキング BEST5 no1ハーブガーデン no2ビオリスタ オーガニクス no3アヴェダ no4テラクオーレ no5モーガンズ
オーガニックシャンプーの髪様 HOME » 【レッスン3】シャンプーのタイプと成分をマスター » オーガニックシャンプーの効果を高める洗い方

オーガニックシャンプーの効果を高める洗い方

洗い方次第で効果が変わる!

オーガニックシャンプーの効果的な使い方や洗い方のコツをご紹介します。

毎日のことなので意識せずに髪を洗っているという方、正しい洗い方をしているのに髪の悩みが解消しないという方はいくつかの注意すべきポイントも確認してみてくださいね。

(1)髪を洗う前

髪は毎日シャンプーしていますという方でも、髪を洗う前のブラッシングはどうでしょうか?実は、洗髪前にていねいなブラッシングすることが、かなり大切なんです。

からまって濡れた状態の髪をこすると摩擦で髪が傷むだけでなくシャンプーの際に指にからんで抜けてしまうこともあります。こういったダメージから髪を守るためにも髪が濡れる前にクシを通すことはとても大事なんですね。さらにブラッシングすることで髪や頭皮についた汚れも取れやすい状態になります。

からまって濡れた状態の髪をこすると摩擦で髪が傷むだけでなくシャンプーの際に指にからんで抜けてしまうこともあります。こういったダメージから髪を守るためにも髪が濡れる前にクシを通すことはとても大事なんですね。さらにブラッシングすることで髪や頭皮についた汚れも取れやすい状態になります。

つぎにシャンプー前の湯洗いですが、髪の毛だけでなく頭皮もしっかりすすぐようにしてください。

(2)洗う際のポイント

女性では少ないかもしれませんが、シャンプーを泡立てずに原液のまま髪につけているという方、これは髪や頭皮に負担がかかるので絶対にやめましょう。

シャンプーは洗顔と同じで、泡立ててから頭皮にのせてください。シャンプーを手に取ったら、しっかりと泡立てたものを下から上にの流れで前、側面、後ろとなじませてから洗います。爪を立てずに指の腹を頭皮に密着させて小刻みにジグザグに洗うイメージです。

(3)洗った後

髪は濡れているとキューティクルが開いているので傷みやすくデリケートな状態です。タオルでごしごし拭いたりせず髪を摩擦しないようにしましょう。タオルドライする際は吸水性の高いタオルで頭全体を包みタオルに水分を吸水させるイメージで行います。

ドライヤーは早く乾そうとして同じ場所に集中しがちですが、これはいけません。ドライヤーを効率的に当てるために手櫛を入れながら15cm~20cm離して一カ所に長くあてないようにして乾かします。温風をあてたあとは冷風をあてることもお忘れなく。これはキューティクルを閉じる効果があります。

普段の何気ない洗い方でボサ子になってない?

メイクには気をつかうのにダメージヘアのケアはついつい後回し、シャンプーも適当な洗い方でボサ子になってないですか?

シャンプーを変えただけでは変わらない髪も、ちょっとしたお手入れのポイントを押さえておけば美しい髪へと変えることができます。 毎日のシャンプーで気を付けたいポイントをご紹介しています。

熱すぎるお湯や水で洗っている

シャンプーに理想的な温度は38度前後といわれています。ちょっと冷たいなと感じた方は要注意。お風呂に浸かった時に気持ちいいと感じる温度はだいたい42~43度とわれています。この温度でシャンプーすると爽快感や洗った感が出て気持ちが良いですが、頭皮には刺激が強すぎて軽いやけどを負ったような状態になります。皮脂や潤い成分も洗い流してしまうのでかゆみを引き起こし炎症の原因にもなります。

また洗顔は32度ぐらいの温度がちょうどいいようですが、この温度でシャンプーすると髪の毛があるぶん汚れが付きやすい頭皮には整髪料や汚れが残りニオイが発生する原因になります。

シャンプーを泡立てずに洗っている

シャンプーを泡立てずに洗っている方は、髪や頭皮に大きな負担がかかり、また薄毛のリスクも高まるのですぐにでもやめるべきです。また意外と多いと思いますが、原液を直接頭皮につけて髪の毛で泡を作っている方も頭皮には刺激が強すぎるのでやめましょう。

手にとったシャンプーは少しお湯を加えてしっかり泡立ててください。うまく泡立てられないときは洗顔用の泡立てネットを利用するのも良いでしょう。頭皮も顔と同じ皮膚なので優しく洗ってくださいね。

泡がなくなってもすすげていないこともしばしば。

すすぎ不足は頭皮に大きなダメージを与えフケや薄毛のリスクを高めます。また背中ニキビの原因になるとも言われています。すすぎが足りないとシャンプーの成分と一緒に泡に包まれた汚れが髪に残り、さまざまなトラブルの原因になります。

泡がなくなってきれいに流せたと思っても、お湯のにごりがなくなり、ほぼ透明になるまで流してください。額の生え際や頭頂部などもすすぎ残しが多い部分なので気を付けて流してくださいね。

ごしごし洗ってすっきり気持ちいい!

頭皮をゴシゴシ、毎日当たり前のようにシャンプーしていませんか?ゴシゴシ洗うから気持ちいいという声も聞こえてきそうですが、お顔のスキンケアはゴシゴシしませんよね。

実は頭皮や髪も同じで、洗浄成分が付いた状態でゴシゴシ洗うと、落とさなくてもいい皮脂まで落としてしまいフケや髪のパサつきといったトラブルの原因になってしまうのです。

自然乾燥している

ドライヤーは面倒くさい、自然乾燥はドライヤーの熱による髪の毛のダメージが防げるし。という方に、ぜひ知っておいてほしい自然乾燥のデメリットをご説明したいと思います。 先ず、濡れた状態の髪はキューティクルが開いているので非常にデリケートな状態です。このまま自然乾燥させることでキューティクルが開いたままとなり髪はパサパサの状態になります。

また、濡れた状態が長く続くので頭皮に存在している常存菌などが繁殖しやすく頭皮のかゆみや枕や頭が臭くなる原因になります。

朝シャンで目覚まし

朝シャンで目覚ましという方は多いと思います。しかし朝シャンすると薄毛になるという報告があることも、実は朝シャンが流行り始めたころから知られていることなのをご存知でしょうか。

これは、あわただしい朝にシャンプーするため、しっかりとすすぎができず頭皮に残ったシャンプーがダメージの原因。また朝のシャンプーで夜の間に分泌されたバリアー機能を洗い流し、紫外線に対して無防備な状態になるケースなどが多いようです。

げ…自分では気づかない頭皮の匂い

暑い時期は、ふとした瞬間に自分の匂いが気になることがありますよね。

「朝シャン夜シャンでしっかりシャンプーしているから平気」という方ほど、実は頭皮からの匂うリスクが高くなってしまうことがあります。綺麗にしているつもりが逆効果になってしまう理由は、洗いすぎによるバリア機能の低下です。

洗浄力の高いシャンプーや間違ったシャンプーのやり方でバリア機能のある皮脂膜や常在菌が洗い流されたしまった頭皮は、それを保護しようと皮脂を過剰分泌します。過剰に分泌された皮脂は毛穴のつまりや匂いのもととなる雑菌の繁殖につながりベタついた匂う頭の原因になるのです。

げ…自分では気づかないけど頭、匂っているかもと不安になった方は、正しいシャンプーの方法を取り入れたり傷んだ頭皮に優しい天然成分のシャンプーなどを取り入れてみてはいかがでしょうか。

Menu
Pagetop