人気のオーガニックシャンプーを実際に使ってみました 全15ブランド・本音で選んだランキング発表!
    ~ 使い心地・仕上がりで選びたいあなたに ~ 体験レポートを元に選んだ・部門別Best3 オーガニックシャンプー 香り部門 オーガニックシャンプー 泡立ち部門< オーガニックシャンプー しっとり部門 オーガニックシャンプー サラサラ部門 オーガニックシャンプー ボリュームアップ部門 オーガニックシャンプー 毛穴・汚れスッキリ部門 オーガニックシャンプー 無添加部門 オーガニックシャンプー コスパ部門
    人気の15ブランド、すべて使った女髪が選ぶ 私のNo.1オーガニックシャンプーはこれ! 量が多くて直毛・カラーリング歴が長い 夏希さん 20代 髪のダメージ・痛みに悩む 彩さん 30代 広がりやすい髪質・パーマヘアの 可奈さん 40代 とにかくボリュームがほしい 小百合さん 50代 太くて硬い髪質・クセが強い 実花さん 50代 男性編も あります! 他の女髪たちのレポートを見る
    いま、美髪女子に大人気のオーガニックシャンプーリスト  詳しい情報を知りたい方はシャンプーをクリックしてください。 ブーケスト ラ・カスタ 凛恋 rinRen ロゴナ ビオリスタオーガニクス ジョンマスターオーガニック モーガンズ ヴェレダ ハーブガーデン ダヴィネス エスコス オレンジシャンプー ローズドマラケシュ HARICOC(ハリコシ) テラクオーレ アヴェダ
総合ランキング BEST5 no1ハーブガーデン no2ビオリスタ オーガニクス no3アヴェダ no4テラクオーレ no5モーガンズ
オーガニックシャンプーの髪様 HOME » 【レッスン3】シャンプーのタイプと成分をマスター » 髪にダメージを与える成分

髪にダメージを与える成分

注意するべき界面活性剤とは

界面活性剤は、油分と水分を溶け合わせる働きをもつ成分で、皮脂汚れなどを落とす洗浄剤として、ヘアケア剤や洗剤などに幅広く利用されています。

この界面活性剤にはさまざまな種類があり、中にはアレルギーを引き起こす危険性がある成分も…。

まずは、どのような種類があるのかを見ていきましょう。

  • 天然の界面活性剤
    植物エキスなどに含まれる天然成分。サポニン、レシチン、カゼインなど。
    穏やかな洗浄力があり、低刺激で肌にやさしい。
  • 天然系合成界面活性剤
    天然原料から合成された成分。石けん系、アミノ酸系など。
    穏やかな洗浄力があり、比較的、低刺激で肌にやさしい。
  • 石油系合成界面活性剤
    ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naなどの硫酸系や、アルキルベンゼン系など。
    洗浄力が強く、肌への刺激になりやすい。

このように多くの種類がありますが、特に石油系界面活性剤のラウリル硫酸系には注意が必要です。肌への刺激が強いために、肌トラブルの原因になってしまうことがあります。

髪と頭皮にやさしい洗浄剤やヘアケア剤を選ぶなら、天然の界面活性剤である植物由来の洗浄成分を配合したものがおすすめです。

シリコンの正体について

ジメチコン、シクロメチコン、シリカなどの表示名で、多くのシャンプーに配合されているシリコン。そのシリコンには、髪の表面をコーティングして、手触りの良いなめらかな状態にする効果があります。

しかし、髪の表面に吸着するだけで、髪の内部に浸透してダメージを補修する成分ではありません。それどころか、シリコンに頼ってその場しのぎのケアをしていると、結果としてかえって髪のダメージが進行してしまうのです。

最初は良いと思ったものが、段々と髪や頭皮に合わなくなってきたと感じることってありませんか?

もしかしたらそれは、シリコンのせいで髪のダメージが進行してしまったからかもしれません。

真の美髪を作るには、シリコンの入っていない製品でヘアケアするのがおすすめです。

シリコンには発がん性があるとも言われていますし、毎日繰り返し使うものですから、安全で地肌にやさしいものを選んでくださいね。

Menu
Pagetop