人気のオーガニックシャンプーを実際に使ってみました 全15ブランド・本音で選んだランキング発表!
    ~ 使い心地・仕上がりで選びたいあなたに ~ 体験レポートを元に選んだ・部門別Best3 オーガニックシャンプー 香り部門 オーガニックシャンプー 泡立ち部門< オーガニックシャンプー しっとり部門 オーガニックシャンプー サラサラ部門 オーガニックシャンプー ボリュームアップ部門 オーガニックシャンプー 毛穴・汚れスッキリ部門 オーガニックシャンプー 無添加部門 オーガニックシャンプー コスパ部門
    人気の15ブランド、すべて使った女髪が選ぶ 私のNo.1オーガニックシャンプーはこれ! 量が多くて直毛・カラーリング歴が長い 夏希さん 20代 髪のダメージ・痛みに悩む 彩さん 30代 広がりやすい髪質・パーマヘアの 可奈さん 40代 とにかくボリュームがほしい 小百合さん 50代 太くて硬い髪質・クセが強い 実花さん 50代 男性編も あります! 他の女髪たちのレポートを見る
    いま、美髪女子に大人気のオーガニックシャンプーリスト  詳しい情報を知りたい方はシャンプーをクリックしてください。 ブーケスト ラ・カスタ 凛恋 rinRen ロゴナ ビオリスタオーガニクス ジョンマスターオーガニック モーガンズ ヴェレダ ハーブガーデン ダヴィネス エスコス オレンジシャンプー ローズドマラケシュ HARICOC(ハリコシ) テラクオーレ アヴェダ
総合ランキング BEST5 no1ハーブガーデン no2ビオリスタ オーガニクス no3アヴェダ no4テラクオーレ no5モーガンズ
オーガニックシャンプーの髪様 HOME » 【レッスン1】美髪を作るオーガニックの魅力 » 「無添加」や「自然派」との違い

「無添加」や「自然派」との違い

「無添加」はホントに肌にやさしい?

オーガニックシャンプーとは別に、無添加シャンプーと言われる商品も多く見受けられます。

どちらも髪や地肌にやさしそうなイメージがありますが、「オーガニック」と「無添加」には具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

有機植物由来の成分から作られているのが「オーガニック」であるのに対して、アレルギーを引き起こす危険性のある102種類の旧表示指定成分が入っていないのが「無添加」です。

表示指定成分とは、合成防腐剤であるパラベンなど、アレルギーを引き起こす危険性があるとして化粧品のパッケージなどに表示することが義務付けられていた成分のこと。現在では全成分を表示することが義務付けられています。

しかし、無添加だからといって、危険性のある成分が全く入っていないというわけではありません。

アレルギーの原因となりやすい合成成分は他にもたくさんあるのですが、旧表示指定成分である102種類さえ入っていなければ「無添加」とされることが多いので気をつけてくださいね。

「自然派」の読み解き方にご注意を

また無添加以外にも、自然派シャンプーと言われるものも目にする機会があると思います。「自然派」の捉え方は各ブランドによって実にさまざまなので注意が必要です。

「自然派」製品は、一般的に植物成分を多く配合しているということ。

でも中には、植物成分はほんの少しだけで、あとは肌への刺激となる合成成分がたくさん配合されている…なんて製品もあるので、成分表示をしっかりと確認することが大切です。

また、「オーガニック」が化学肥料や農薬を使っていない有機植物から作られているのに対して、「自然派」の原材料は有機植物とは限りません。

安全性や品質においても、オーガニックの方がおすすめですよ。

最近人気のボタニカルシャンプーって何?

最近注目を浴びているナチュラルな暮らし方や、自然のある生き方、それに対する感性や意識の高まりとともに、普段私たちが使用するシャンプーなどにも深く浸透してきています。そんな中、シャンプーの種類の1つとして「ボタニカルシャンプー」というキーワードも多く聞くようになりました。

「ボタニカル」とは、「植物」という意味なので、「ボタニカルシャンプー」は「植物のシャンプー」ということになります。もう少し具体的に言うと、 ボタニカルシャンプーは「植物の力を取り入れたシャンプー」「植物由来の成分を多く含むシャンプー」という意味 でも捉えられます。こうして、体に優しい商品が注目されるようになって、植物由来の成分の人気が高まっています。

なるべく 添加物を避けて、身体に良いものを取り入れたいという方に「ボタニカルシャンプー」は選びやすい 商品ですよね。植物由来の成分が多く入っているのは分かったけど、実際に髪にはどういった効果があるのでしょうか。

ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーの違い

「ボタニカルシャンプー」と「オーガニックシャンプー」って何が違うのでしょうか。どちらも自然派で、髪に優しいというイメージはありますよね。

まず「オーガニックシャンプー」ですが、オーガニック認定を受けた植物成分が入っているのが条件 です。オーガニックの認定を受けるには、化学肥料や化学合成農法は使用せずに、有機肥料などにより自然そのものの力を生かして栽培された植物でなければいけません。

そして「ボタニカルシャンプー」とは、オーガニックの有無は問わずに、植物由来の成分を使用していることが定義 になっています。少し意味は違いますが、両者とも「自然に感謝したナチュラルな暮らし」を目指していると言えます。

自然派シャンプー選びで知っておきたい2つのポイント

一昔前までは、自然派シャンプーは手に入りにくく、専門の店やネット通販でないと手に入りにくかったのですが、最近では「自然派シャンプー」というコーナーができていて、種類も豊富でどれにしようか悩んでしまうほど充実してきました。しかし、注意しなければいけないこともあるので、詳しくお教えします。

「パラペン」「BHT」「BHA」には要注意!

防腐剤として有名な「パラペン」「BHT」「BHA」は、シャンプーの酸化を防ぐ役割がありますが、お肌には刺激が強い というのが正直なところです。なるべくお肌に優しい成分が入った商品を使用するようにしましょう。

ダメージが気になる人は「パンテノール」配合のシャンプーがオススメ!

「パンテノール」とは敏感肌の方でも安心して使用できる、水溶性のビタミンです。ダメージの補修や保湿、白髪の防止など様々な効果 をもたらします。気になる方は、商品の成分表を見て「パンテノール」が含まれている商品を探して、実際に使ってみましょう。

自分に合った自然派シャンプーを見極めよう

自然派のシャンプーは、低刺激のためにどうしても洗浄力が弱いと言われています。特に使い始めは、泡立ちや使い心地に満足がいかないかもしれません。そんなときには、シャンプー前にしっかりと水で髪の毛をすすぐようにしてください。

また、自然派シャンプーはお肌に優しい成分を多く含んでいますが、自分に合うのかどうか必ず確認をするようにしてください。いくつか自然派シャンプーを試してみて、自分に合うシャンプーを見つけましょう!

無添加オーガニックシャンプー人気ランキングはこちら

Menu
Pagetop