人気のオーガニックシャンプーを実際に使ってみました 全15ブランド・本音で選んだランキング発表!
    ~ 使い心地・仕上がりで選びたいあなたに ~ 体験レポートを元に選んだ・部門別Best3 オーガニックシャンプー 香り部門 オーガニックシャンプー 泡立ち部門< オーガニックシャンプー しっとり部門 オーガニックシャンプー サラサラ部門 オーガニックシャンプー ボリュームアップ部門 オーガニックシャンプー 毛穴・汚れスッキリ部門 オーガニックシャンプー 無添加部門 オーガニックシャンプー コスパ部門
    人気の15ブランド、すべて使った女髪が選ぶ 私のNo.1オーガニックシャンプーはこれ! 量が多くて直毛・カラーリング歴が長い 夏希さん 20代 髪のダメージ・痛みに悩む 彩さん 30代 広がりやすい髪質・パーマヘアの 可奈さん 40代 とにかくボリュームがほしい 小百合さん 50代 太くて硬い髪質・クセが強い 実花さん 50代 男性編も あります! 他の女髪たちのレポートを見る
    いま、美髪女子に大人気のオーガニックシャンプーリスト  詳しい情報を知りたい方はシャンプーをクリックしてください。 ブーケスト ラ・カスタ 凛恋 rinRen ロゴナ ビオリスタオーガニクス ジョンマスターオーガニック モーガンズ ヴェレダ ハーブガーデン ダヴィネス エスコス オレンジシャンプー ローズドマラケシュ HARICOC(ハリコシ) テラクオーレ アヴェダ
総合ランキング BEST5 no1ハーブガーデン no2ビオリスタ オーガニクス no3アヴェダ no4テラクオーレ no5モーガンズ
オーガニックシャンプーの髪様 HOME » 【レッスン2】オーガニックシャンプーのチェックポイント » オーガニックシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いとは? 正直、どっちがいいの

オーガニックシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いとは? 正直、どっちがいいの

オーガニックシャンプーもノンシリコンシャンプーも共通して言えることは、「なんかいいらしい!」ということ。しかし、どんな風にいいの?これら2つの違いってなんなの?と思う方もいるのではないでしょうか。

今回は、この2つのシャンプーの違いを、それぞれの特徴と合わせてご紹介します。

オーガニックシャンプーとは?

女性

まずオーガニックというものは、生産過程で農薬・化学肥料を一切使用していないもののことを指します。しかし日本のヘアケア製品は、1%でもオーガニック成分が含まれていれば、「オーガニックシャンプー」と言えてしまうのです。

よって、「オーガニックシャンプー」として発売されているもの全てが、オーガニック成分だけで作られているとは言い切れないのです。

ちなみにオーガニック製品を使用することが当たり前となっている欧米では、オーガニック製品に対しての「基準」が大きく3つ設けられています。

  • 70〜90%がオーガニック原材料であること
  • 動物由来成分を排除すること
  • 石油由来の化学成分を排除すること

これらの基準が設けられていますが、日本ではまだまだオーガニック製品に対して基準というものがなく、また日本で発売されているオーガニック商品は、なかなか値段が高いことから、手を伸ばしづらいとも思われがちです。

また、以下のような天然な成分を含むものもオーガニックシャンプーと呼べるものです。

コカミドプロピルベタイン

これは洗浄成分で、主にヤシの実のことを指します。通常のシャンプーでは「界面活性剤」の役割でもあり、頭皮に対して低刺激で、負担の少ないものです。

キトサン

甲殻類から取れるキトサンは、キューティクルをつくってくれる天然成分です。シリコンと同様、手触りのいい美しい髪の毛に仕上げてくれます。

グリセリン

アルコールの一種で、食品の甘みを出す際にも使用されるものです。植物油からとることができる、天然の保湿成分です。

ホホバオイル

シャンプー類だけではなく、化粧品などにも使用されていることの多いホホバオイルです。殺菌・抗酸化・保湿作用が期待でき、ホホバという植物の種から摂取することができます。

ノンシリコンシャンプーとは?

シリコン入りのシャンプーで髪の毛を洗うと、サラサラな触り心地になることから、多くのシャンプーにはシリコンが含まれています。

しかし、シリコン入りシャンプーを使用し続けることによって、シリコンが頭皮の毛穴に詰まってしまい、健やかな髪の毛を育てにくくしてしまったり、頭皮が荒れてしまうことにつながってしまうと言われているのです。

また、シリコン入りシャンプーを使用し続けてしまうことで、通常のヘアカラー・パーマが反応しづらいとも言われています。

シリコン入りシャンプーは低コストかつ、髪の毛をサラサラにしてくれるものでもありますので、それほど悪いものというわけではありません。とはいうものの、やはりシリコン入りシャンプーは避けたいという方もいることから、「ノンシリコンシャンプー」というものが作られました。

しかしシリコンが入っていないという点から、「髪の毛がキシキシする。私に合わないのでは?」と思う方もいるようです。

ノンシリコンシャンプーはやっぱりいいの?

シリコンが入っていることで、髪の触り心地がよくなるので、中には「別にシリコンが入っていてもいいじゃん!」と思う方もいるはず。しかしその反面、シリコンが毛穴の中に詰まってしまうという点を考えると、ノンシリコンシャンプーを選びたいという方もいるでしょう。

しかし現在は、オーガニックシャンプーを始め、「オーガニックコスメ」「オーガニック食品」という自然派のものが人気を集めている傾向にあります。これによって、やはりシリコンをはじめとした化学物質よりかは、シリコンを含まない「ノンシリコンシャンプー」の方を選ぶ方が多いのだそうです。

自分の好みに合ったシャンプーを選ぶことが大事

シャンプー

オーガニックシャンプーは、頭皮に優しいと言われる成分を使ったシャンプーが多いこと、シリコンシャンプーはシリコンという化学成分が含まれているということが、2つの大きく違う点です。

とはいうものの、オーガニックシャンプー自体が頭皮に優しいとは言い切れず、1%でもオーガニック系の成分を含んでいれば、「オーガニックシャンプー」と名乗れるわけですから、自分の目で、しっかり成分をチェックする必要があるのです。

またオーガニックシャンプーの場合は、頭皮や髪に優しいものの「洗い心地が物足りない」と感じる方も多くいるようです。それを比べると、ノンシリコンシャンプーの方が、洗ったときの心地よさは感じれるかもしれません。

肌への刺激だったり、値段、香りなどトータル的に見ても、どちらがいいとは言い切れないのが事実。自分が心地よいと思えるシャンプーを選んで使うのがオススメです。

Menu
Pagetop